newzz

話題のニュースをゆるーくまとめる

映画『テラフォーマーズ』が酷評の嵐?人気漫画の実写化が難しいワケ



   

映画『テラフォーマーズ』が酷評の嵐?人気漫画の実写化が難しいワケ

1: Twilight Sparkle ★@\(^o^)/ 2016/04/26(火) 14:15:00.14 ID:CAP_USER*.net

映画評論家の前田有一氏が4月24日、自身の映画評価サイト「超映画批評」上で、29日公開予定の実写映画『テラフォーマーズ』を100点中5点と採点した記事を発表。「長年私が指摘してきた邦画の問題点が凝縮されたような映画」などと酷評した。昨年大炎上した映画「進撃の巨人」シリーズの後編ですら30点をつけていただけに、本作の大爆死を予感させている。

■「進撃」の炎上騒ぎ再び?強烈な酷評
前田氏はかつて、昨年夏に公開された実写映画「進撃の巨人」シリーズの前編を40点、後編を30点と評価して物議をかもした。とくに前編の評価を発表した際には監督の樋口真嗣氏(50)がSNS上で「やったぜ! 大先生に誉められたらどうしようかと思ったがこれなら安心だ。というか誰だよこいつに試写状送ったバカは!」と激怒。同シリーズ炎上の幕開けとなった。

今回の映画『テラフォーマーズ』について前田氏は3月2日、試写会後に「あの進撃騒動を上回る可能性すらある、大変なことになるよこれは…」とツイートして話題を呼んだが、今月24日に発表した批評では、冒頭で「私はツイッター上でこの映画を酷評などしていない。酷評するのは、今からこの記事で、である」と宣言。3400字超の長文でロジカルに酷評し、「長年私が指摘してきた邦画の問題点が凝縮されたような映画」と結論づけている。

前田氏の非難の一つが、黒いあの害虫がモチーフの”テラフォーマー”と呼ばれる敵キャラクターの描き方について。「どうしても許せないのは『敵』の外観である」と語り、本作の肝となる「根源的恐怖感」を引き出すリアルな描写に欠けていると非難している。

「現在放送中のTVアニメ『テラフォーマーズ リベンジ』(第2期)にも同じことが言えます。第1期からスタッフが監督含めてガラリと入れ替えをされ、絵柄がよりポップなテイストに変わり、ストーリーには原作にない萌え要素が追加されました。またテラフォーマーの描写は肝心の怖さや獰猛さが半減しています。全国放送ですから子どもの視聴を考慮したのかもしれませんが、SNS上では原作ファンが失望感を漏らす声も目立ちます」(アニメ業界ライター)

映画版でもう一つ心配なのがCGだ。予告映像がYouTube各所で公開され、一部で低評価が高評価を上回っている(公式YouTube動画は評価付け機能を停止)。「質が悪いとかじゃなくて、挙動が明らかに不自然」「実写化すべきではなかった」「溢れ出るB級映画臭」と非難の嵐だ。

「日本映画はハリウッドに比べて低予算。CGを使うと途端に“ボロ”が出るため、SFアニメの実写化はとくに不向きです。『進撃の巨人』シリーズでも肝心の敵キャラクターが『巨人になったオッサン』などと揶揄されていました。それでも人気アニメの実写映画は“出せば原作ファンが観るドル箱コンテンツ”と勘違いされている節があります。中身が一番大事なのですが」(映画業界関係者)
(以下ソースにて)

2016042618.jpeg

http://dailynewsonline.jp/article/1121325/
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1461647700/

 - 未分類

  関連記事

ガチで猫を飼ってる奴にしか分からないこと

ガチで猫を飼ってる奴にしか分からないこと 1:風吹けば名無し@\(^o^)/20 …

【画像】“総合格闘界のビーナス”中井りんがビキニで肉体美を披露wwwwwwwwww

【画像】“総合格闘界のビーナス”中井りんがビキニで肉体美を披露wwwwwwwww …

【悲報】朝倉未来「いじめられる側にも原因ある」YouTubeでの発言が物議 「亡くなった人もいるのに」批判も

【悲報】朝倉未来「いじめられる側にも原因ある」YouTubeでの発言が物議 「亡 …

no image
オタサーに入ったら新入部員に姫が来た結果wwwwwwwwww

オタサーに入ったら新入部員に姫が来た結果wwwwwwwwww 1:以下、\(^o …

【愕然】貯金4億貯まった結果wwwwwwwwww

【愕然】貯金4億貯まった結果wwwwwwwwww 貯金4億貯まったwwwwwww …

PREV
ネットがない時代の方がよかったことTOP10
NEXT
【画像】吉木りさのパスタの食い方がヤバすぎるwwwwwwwwww