newzz

話題のニュースをゆるーくまとめる

海老蔵「途方に暮れ、時が過ぎるのを忘れた」 妻・小林麻央の乳がん告白にショック



   

海老蔵「途方に暮れ、時が過ぎるのを忘れた」 妻・小林麻央の乳がん告白にショック

歌舞伎役者の市川海老蔵(38)が6月9日に都内で会見を開き、
進行性がんと報じられていた妻で
フリーアナウンサー・小林麻央(33)の現状について明かした。

こばやしまお2.jpgこばやしまお6.jpg

 会見は麻央夫人のがん報道をめぐって、
海老蔵の自宅に多くの報道陣が駆け付けたため、急きょ行われることが決定した。

二児の父でもある海老蔵は、
事前のブログで「出来る限り子供達の生活を日常化する為にする会見」としており、
今回の騒動が子供たちの生活に影響するのを懸念していることがうかがわれた。

会場でも「この会見以降の、(海老蔵の)自宅での報道はご遠慮願います」と
いったアナウンスがたびたび響いた。

 会見場となった都内のホテルには、
テレビカメラ30台、スチールカメラ40台、そして200人の報道陣が詰めかけた。

 会見場に現れた海老蔵はまず
「本日は、麻央が病気という記事が出まして家族は知るところだったのですが、
公になったことで説明やご理解ご協力が必要ではないかと思い、
皆さまにお集まりいただきました」と会見の趣旨を説明。

さらに、麻央夫人の病状について次のように語った。

「(病名は)乳がんですね。1年8カ月前にわかりました。
(きっかけは)人間ドックに夫婦でよく行っておりまして、
そこで調べたうえでわかりました。
かなりスピードの速いもので、
なかなか大変なものではないかというご意見をお医者様から頂いておりました。
比較的深刻である、と。今は抗がん剤治療を中心にやっています」

 がんの告白を受けたときのことを、
海老蔵は「忘れもしない」と言い、次のように振り返る。

「その時、私はちょうど日本橋で芝居をしていて。
日本橋のホテルで二人で話し合ったんですが、
私自身、途方に暮れたというか、
舞台はやらなければならないという環境の中でどうしようか、と。

麻央も途方に暮れていて。
女性のほうがそういうところは気丈で、
冷静に物事を見ている部分があるので、
ショックは私より大きかったんじゃないかと思います。
時が過ぎるのを忘れるような、時が過ぎたのを覚えています」

 懸念されるのは現在のがんの状態だが、
それも決して芳しいとはいえないようだ。

「抗がん剤は人によって効いたり効かなかったりいろいろあるそうで、
それを探りながらやっていて。
よかったりよくなかったりを繰り返しながら。
麻央は自分自身のことを理解していますから、前向きに病と闘っています」

 報道陣の質問に、はっきりした口調で返答していた海老蔵だったが、
会見中には涙ぐむシーンがあった。
麻央夫人の心情について聞かれたときのことだ。

「誰よりも一番、本人がつらいと思うんです。
やはり元気になりたいという気持ちと、
小さい子供のそばにいられない母親の気持ち、
私には計り知れないつらさ、苦しさと闘っていると思うので……
彼女もつらいときは私にそういう話もするんですが、
気丈に明るく振る舞ってくれるので。彼女の本当の部分は今ここでは……」

 治療のため子供と会えない母親の心情を考えると、
胸が詰まる思いだったのだろう。
目元を赤らめながら言葉をつむいだ。

 また今回、こうした形で麻央夫人のがんが明らかになったことについては、本音も吐露した。

「本来はもうちょっと早くなってしまうところなんでしょうが……
いま少し落ち着き始めているところなので、
これ以上早く見つからなくてよかったなという本音と、
できればずっと、
(麻央が)元気になるまでは家族が辛抱して支え切りたかったなという思いと、
公になってから少しほっとした部分、
隠しきらなくていいという思い、その三面があります」

 さらに病が明らかになるまでの1年8カ月について
「長いですし、これからもまだ続くわけですから。
非常におのおのが忍耐のいる1年8カ月でしたし、
おのおのが非常に悲しんだ1年8カ月だったんじゃないですかね」と
話した海老蔵。

自身の舞台にいそしみながら、麻央夫人の病状を隠し、
支え、子供たちと生活するという日々は、
海老蔵自身にとってもいかに大変なものであったかが垣間見えた。

 しかし最後には、麻央夫人を支え続ける強い、
そして前向きな姿勢をみせた。

「麻央が治るまで全面的に支えますし、
さっきもLINEで言ったんですけど、
病気が治っても支え続けるよとかっこつけて言いましたし。
1年8カ月つらかったですけど、
いつか家族にとってはとってもいい時間だったといえる日を夢見て」


ツイッターでひまつぶしてる人見てみて

 - 未分類

  関連記事

「世界猫の日」を祝って、愛猫たちと記念写真を撮ろうとした女性のお話

「世界猫の日」を祝って、愛猫たちと記念写真を撮ろうとした女性のお話 31: 冠猫 …

一番最初に飼ったぬこ様のおもひで…

一番最初に飼ったぬこ様のおもひで… No Image… 1:以下、\ …

インフルエンザになる前に!!たったこれだけ?簡単にできる8つの予防方法を紹介!

インフルエンザになる前に!!たったこれだけ?簡単にできる8つの予防方法を紹介! …

苫米地英人に橋下徹がブチギレ!胡散臭い「サイゾー」オーナーに激怒【画像】

苫米地英人に橋下徹がブチギレ!胡散臭い「サイゾー」オーナーに激怒【画像】 201 …

【驚愕】桑田真澄の息子wwwwwwwwww(画像あり)

【驚愕】桑田真澄の息子wwwwwwwwww(画像あり) 桑田真澄氏の次男 Mat …

PREV
昨年の東スポ「小林麻耶が海老蔵夫妻の家に頻繁に来るから小林麻央がブチ切れている」←ぐう畜すぎんだろ…
NEXT
【佐賀】 衛星放送をB-CASカードなしで視聴できるプログラムを独学で開発し、ホームページで公開した17歳少年を逮捕