newzz

話題のニュースをゆるーくまとめる

インフルエンザになる前に!!たったこれだけ?簡単にできる8つの予防方法を紹介!



   

インフルエンザになる前に!!たったこれだけ?簡単にできる8つの予防方法を紹介!


意外に知らない?感染ルートと潜伏期間

インフルエンザウイルスは、ドアノブなどの環境表面で2~8時間程度生存

インフルエンザ感染者がくしゃみや咳などで飛ばした唾を吸い込む、ドアノブやスイッチなど共有物をさわった手で自分の口や鼻を触ってしまう、そういったことがインフルエンザウイルスの感染ルート

寒い時期に流行し日本国内ではおよそ10人に1人が感染すると言われる「インフルエンザ」

インフルエンザウイルスに感染した場合、約1~3日の潜伏期間の後、インフルエンザを発症します。続く約1~3日では、突然の38℃以上の「高熱」や全身倦怠感、食欲不振などの「全身症状」が強く現れます。やや遅れて、咳(せき)やのどの痛み、鼻水などの「呼吸器症状」が現れ、腰痛や悪心(吐き気)などの「消化器症状」を訴えることもあります。通常は、10日前後で症状が落ち着き、治癒します。

私たちは常に細菌やウイルスなどの病原体に囲まれて過ごしています。このような病原体が体内に侵入した際に、すばやく反応して攻撃をしかけるのが、免疫細胞です。この働きを高めることで、風邪やインフルエンザの病原体を発病する前に撃退することができる

感染から発症までの潜伏期間は2日前後で、場合によっては1週間ほど潜伏します。体内に侵入したウイルスは、気道や肺に付着して20分ほどで細胞内に到達。その後、ウイルスの増殖はかなり速く、侵入した1つのウイルスが8時間後には100個、16時間後には1万個、24時間後には100万個にまで増えていきます

インフルエンザは症状がまだ出ていない潜伏期間中でも感染する!

感染力は発熱してから3日目にピークを迎えますが、実は潜伏期間中から感染の危険があります。残念ながら潜伏期間中の自覚症状はほとんどないとのこと。

①手洗い&アルコール消毒!

流水・石鹸による手洗いは手指など体についたインフルエンザウイルスを物理的に除去するために有効な方法であり、インフルエンザに限らず接触や飛沫感染などを感染経路とする感染症の対策の基本です。

インフルエンザウイルスはアルコールによる消毒でも効果が高いですから、アルコール製剤による手指衛生も効果があります。

手洗いは手や指などに付着したインフルエンザウイルスを物理的に除去するために有効な方法

ドアノブや電車のつり革など様々なものに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。 外出先から帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗いましょう。

インフルエンザウイルスは、消毒剤に対する抵抗性が弱いウイルス

アルコール消毒剤は、インフルエンザウイルスなどの
各種ウイルスをわずか10秒で不活化することが確認されています。

鳥インフルエンザウイルスや豚インフルエンザウイルスでも基本的に変わりありません。有効な消毒剤としては、消毒用エタノール、次亜塩素酸ナトリウム、ポビドンヨードなどが挙げられます。

ウイルスの侵入の機会を減らすために手洗い・手指消毒も大切です。インフルエンザウイルスは、環境中で不安定なウイルスですが、5分程度なら手でも生存できます。流行時期の外出時には、こまめな手洗い・手指消毒が大切です。

流水で手を洗えないとき、手指にすり込むタイプのアルコール製剤も有効

有効成分が80%濃度のアルコールなので、ウイルスや細菌に対しても消毒効果をすばやく発揮します

➁マスクをきちんとつける

マスクをすることで乾燥しがちな喉や鼻の保湿効果も期待できます

ある程度の飛沫等を防ぐことができる不織布(ふしょくふ)製マスクを着用することは一つの防御策

外側と中側は、感染源を防ぐ素材を使用し、内側は肌にやさしい素材を使用した不織布3層構造で、やさしいつけ心地でありながらしっかりと感染をガードするマスク。
極細繊維フィルターを採用し、99%ウイルス・細菌をカットします。PFE、BFE試験(米国ネルソン研究所)及びVFE試験((一財)カケンテストセンター)の基準をクリアし、花粉、風邪、ほこり、黄砂、PM2.5対策にも対応。 口元ゆったりの立体プリーツを採用しているので、呼吸のしやすい構造

マスクを着用する際は、できるだけマスクと顔の間の隙間がないように、自分の顔のサイズに合った製品を選びましょう。
また、マスクを外す際に、ウイルスが手に付いてしまっては、せっかくの予防が台無しになってしまうので、マスクを外した後の手洗いも忘れてはいけません。

③適度な湿度の保持

インフルエンザウイルスは低温、低湿を好み、乾燥しているとウイルスが長時間空気中を漂っています。
加湿器などで室内の適度な湿度を保つことが大切です。
適度に換気をして新しい空気を入れるのもウイルスの除去になります

空気が乾燥すると、気道粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。特に乾燥しやすい室内では、加湿器などを使って適切な湿度(50~60%)を保つことも効果的です。

④十分な休養とバランスのとれた栄養摂取

睡眠時間が短かったり、とぎれとぎれだったりといった乱れた睡眠は、免疫機能の中でも重要な役割を果たすNK細胞の活性が低下する

Copyright © 2017 メリハリダイエット.COM All Rights Reserved.

ツイッターでひまつぶしてる人見てみて

 - 未分類

  関連記事

【画像】小保方晴子の最新画像をご覧くださいwwwwwwwwwwwwwwww

【画像】小保方晴子の最新画像をご覧くださいwwwwwwwwwwwwwwww 1: …

【危険】ダイエットが引き起こす脂肪肝

【危険】ダイエットが引き起こす脂肪肝 本当はコワイ脂肪肝 出典www.sawai …

【画像】海系の怖い画像貼っていかなイカ?wwwwwwww

【画像】海系の怖い画像貼っていかなイカ?wwwwwwww 1: 以下、\(^o^ …

【画像】堀北真希のスッピン茶髪ショート姿・・・・・・激変の今・・・・・・

【画像】堀北真希のスッピン茶髪ショート姿・・・・・・激変の今・・・・・・ 堀北真 …

フルグラ特集第2弾!かぼちゃサラダで腸内清掃

フルグラ特集第2弾!かぼちゃサラダで腸内清掃 食物繊維と果物の栄養がたっぷり入っ …

PREV
HKT48宮脇咲良ちゃんのほっそりとしたクビレがエロすぎると話題!
NEXT
【画像】女子アナが亀頭しこしこしてフルボ●キの放送事故wwwwwwwwwwww